Blogブログ

経営者に相応しいクールビズとは?

みなさま、こんにちは(*^-^*)

 

昨日、梅雨明けしてしまいましたね?!
史上2番目に早いそうです。

今日は、クールビズについてお話しいたしますね。
もう、毎日暑くてスーツなんて着れない!!( ;∀;)
と嘆いている方も多くいるのではないでしょうか?!

 

経営者の方は、人と会うことが仕事というくらい、一日に
多くの業者、取引先、お客様にお会いされると思います。

 

ジャケットは麻素材が入っているモノがベターです。(手で持っていてもぐちゃ!とならないジャケット)
よく、麻素材は仕事には、カジュアルすぎて着れない!
という方いますが、そんなことはないのです。

その違いは、麻素材の配分の違いなのです。麻素材が多いと、手で持っているとぐちゃぐちゃになってしまい
ビジネスには敵さないですが、他の素材(レーヨン・シルク)が混合している麻ジャケット・スーツなら夏のビジネスに
「見た目」にも涼しく・着ている人も心地よいですよ!

 

場面によっても異なりますが、(取引先・業者関係)ですしたら、
麻ジャケット、カジュアル素材のネクタイの着用でもマナー違反にならないですよ!
逆に(シルク・コットン素材)はVゾーン、「見た目」に暑苦しく見えてしまうだけでなく、自分も暑いですよ。

別で一枚シャツを持っていく!
ネクタイ用の襟のもの、もう一つ、ボタンダウンなど、ネクタイなしのスタイルを変えて着用するのも、暑さをしのぐ
方法には欠かせないですよ(*^-^*)

 

やはり、クールビズスタイルは、身だしなみがいい・悪いが目立ってしまいますので、
ジャケットのポケットが小物入れになったり、特に、装いのバランスとして足元(靴)は大事な印象ですので、
経営者としてお客様への訪問の際は、身だしなみには気を配ってくださいね(^_-)-☆

 

/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサルティング・お申込み

お申込みはこちら

冠婚葬祭の着こなしマナー

みなさん、こんにちは(*^-^*)

 

すっかりご無沙汰しておりました。
今日は先日、日大の元監督、内田監督着こなしマナーについてお話ししますね!

 

経営者もまた、多くのつながり、交流があり、大切な場面・また冠婚葬祭時の着こなしマナー
は、経営者のマナーがある・無しを感じさせてしまう重要なところです。
しっかり聞いてくださいね(^_-)-☆

 

皆さん、大体が、冠婚葬祭向けの本などで勉強されていると思いますが、私たち色を扱う職業は
目から伝わる色の印象・イメージと、マナーを取り入れた意見があります。

 

まずは、冠婚葬祭の基本。
元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼という日本古来の四つの儀式のことを意味します。
着用する装いマナーとして、礼服、ビジネススーツとは分けてお持ちくださいね!

 

例えば、スーツと礼服の色の違いですが、
同じ黒色でも、礼服は「真っ黒」炭のような色、スーツは多少、グレーに近い色です。
これは、見比べて初めてわかるレベルです。
ですから、礼服はビジネスでは着れず、ビジネススーツは葬式での着用はNGなのです。

 

そして、先日、巷でも話題になっている、内田監督のネクタイの色(ピンク)
冠婚葬祭で例えれば、「婚」。結婚式や、おめでたい席で身に付ける色
なのです。

 

謝罪会見では、薄いグレー、「緑」といって相手も感情を抑える色を着用するのがベストです。
是非、みなさんも、正しいマナーを知ってくださいね

 

 

 

コンサルティング・お申込み

お申込みはこちら