Blogブログ

お相手に気持ちよく接するためには、「感情」を読むこと

みなさま、こんにちは
久しぶりの投稿です。

 

今日のテーマ
「お相手に気持ちよく接する為には、「感情」を読むこと」

 

お客様、大切な方にお会いする前、好感を持たれるように心掛けていること
何かありますか?

 

私が大切にしていることは「自分から積極的に場面を演出する」ことです。

 

”先手必勝”という言葉があるように、自分から、お相手にお声掛けをして挨拶・または
会話をしていくことで、お相手に印象付けをする。
これは、初頭効果といって長きに渡り好印象を持続できる効果なのです。また、“お相手を知る”為にも効果的な行動・対応なのです。

 

その理由は、「感じいい」印象で声を掛けたことは、お相手からしたら興味を持たれていると思うのです。
ですから、まずは、自分から”お相手を知る”こと、表情や対応の仕方・態度など観察してみてください。

 

例えば、自分が話している内容がお相手には退屈であれば、表情に力がなく、適当な相槌になります。
そういった、状態に気づけることが、お相手から心づかいが出来る人という印象になるのです。

 

皆さまも、「お相手目線」をしっかりと持つことで、いい人との交流・人生に大きな武器になると思いますよ(*^-^*)

 

 

 

« »